チャプター2 シーズン1がスタート

【フォートナイト】サイレンサー付きサブマシンガンの性能と使い方(バトルロイヤル)

サイレンサー付きサブマシンガンの性能と使い方【フォートナイト】(バトルロイヤル)

Epic Gamesの「フォートナイト(Fortnite Battle Royale)」、サイレンサー付きサブマシンガンの性能についてです。

基本、初級者の方向けです。

通常のサブマシンガンが追加されたぐらいで保管庫行きになり、長らく休んでいた武器ですが、パッチノートv7.30で復帰しましたね。

なぜかサイレンサー付きの武器が徐々に増えていて、アサルト・ボルトアクション・ピストルと合わせてサブマシンガンも追加されました。ステルス武器のデータ取りとかしてるんでしょうか。

保管庫行きになったサブマシンガンよりも精度が良く、ダメージも高いため、DPSの低下を感じることなく使用することができます。

サイレンサー付きサブマシンガンの概要

こちらもMP5っぽい見た目のSMGです。

サイレンサー付きなので通常のサブマシンガンよりもステルス性は高いです。

他のサイレンサー付きよりも銃声が大きく感じる気がしますが、気のせいかもです。

サブマシンガンというカテゴリー通りにDPSが高い武器になりますが、通常サブマシンガンよりも精度が良く反動が少ないため、距離があっても当てやすいのが特徴です。

ショットガンのエイムが良くない自分にとっては好きな武器の1つですね~。

ダメージと精度

通常のサブマシンガンとほぼ同じ減衰ですが、精度が良いため当てやすく感じます。

ダメージは低いですが、距離があってもそこそこ当てられるので連射力を生かせばギリギリ中距離までは使えます。

以前のサブマシンガンでは使用できない距離でも使えるのが特徴です。

20m以内(青)

サイレンサー付きサブマシンガンの性能と使い方【フォートナイト】(バトルロイヤル)20m以内(青)

フルダメージが出ます。

通常サブマシンガンよりも多少DPSが落ちますが、弾がまとまるため当てやすく、使用感としてはこちらのほうが使いやすく感じるんですよね~。

青ならば24ダメージが出るため、DPSも216とかなり高いです。

それ以上に集弾が良く、反動が少なく、当てやすいので数字以上に使いやすく感じますね~。

20m以上(青)

サイレンサー付きサブマシンガンの性能と使い方【フォートナイト】(バトルロイヤル)20m以上(青)

20mを超えると減衰が始まります。

30m(青)

サイレンサー付きサブマシンガンの性能と使い方【フォートナイト】(バトルロイヤル)30m(青)

30mで、約16ダメージです。

通常のサブマシンガンではフルオートするとばらつきが激しくて当てられない距離ですが、サイレンサー付きサブマシンガンならば結構簡単に当たります。

この辺りがこの武器の優位性ですね~。

距離減衰でダメージは落ちますが、それでもかなりのダメージを当てられます。

40m(青)

サイレンサー付きサブマシンガンの性能と使い方【フォートナイト】(バトルロイヤル)40m(青)

距離減衰としてはこのあたりで止まります。

最低は約9ダメージぐらいです。

この辺りでも止まっている相手ならばまだフルオートでもあたります。

動いている相手にはだんだんつらくなってきますが、タップ撃ちの精度も良い武器なため、まだ当てられる距離です。

ただ、ダメージは期待できないですが。

50m(青)

サイレンサー付きサブマシンガンの性能と使い方【フォートナイト】(バトルロイヤル)50m(青)

ダメージは9と距離減衰で落ちる最低ですが、この距離でもタップ撃ちすれば結構当たります。

通常のサブマシンガンではこの距離では使い物にならないのですが、サイレンサー付きだと当てることができるんですよね~。

フルオートではもちろんつらいですし、アサルトライフルを持っていればそちらを使うほうが良いのですが、何にもできなかった通常のサブマシンガンに比べると、精度が良いことがわかります。

サイレンサー付きサブマシンガンの使い方

通常のサブマシンガンよりも精度が良いため、使い方の幅が広がります。

近距離から中距離で使用でき、30mぐらいまでならばある程度撃ち合えます。

30mならばアサルトのほうがDPSが出ますが、相手が一発外せば全然チャンスがある距離です。

クラフト三枚ぐらい上からショットガンジャンプ撃ちで詰めてくる敵に対してのカウンター時、エイムをずらすために動きながら狙っても結構当てられるため、クラフト勝負時にも使えます。

精度が良い、反動が少ない武器はやっぱり使いやすいですね~。

ショットガンを撃った後のクールダウンタイムのつなぎ、30mぐらいから詰めてくる敵へのけん制、などが使える部分です。

アサルトが拾えなかった初動でもそこそこの距離でも当てられるので、意外と使える武器です。

サイレンサー付きサブマシンガンの基本性能

サイレンサー付きサブマシンガンの性能と使い方【フォートナイト】(バトルロイヤル)青アイテム欄レアリティレア
DPS216
ダメージ24
連射速度9
マガジンサイズ30
リロード時間2
サイレンサー付きサブマシンガンの性能と使い方【フォートナイト】(バトルロイヤル)緑アイテム欄レアリティアンコモン
DPS207
ダメージ23
連射速度9
マガジンサイズ30
リロード時間2.1
サイレンサー付きサブマシンガンの性能と使い方【フォートナイト】(バトルロイヤル)白アイテム欄レアリティコモン
DPS198
ダメージ22
連射速度9
マガジンサイズ30
リロード時間2.2

比較表

レアリティ
DPS216207198210200
ダメージ2423222120
連射速度9991010
マガジンサイズ3030304040
リロード時間22.12.23.03.1

※金・紫は比較用のコンパクトサブマシンガン

まとめ

サブマシンガンの中では歴代でも使いやすいほうの武器になります。

長いこと保管庫にいましたが、パッチノートv7.30で復活しました。

まだデータ取り、という意味合いが強いのでしょうが、サブマシンガンはなかなか安定しないですね。

v7.30で保管庫行きになったサブマシンガンと、現状のコンパクトサブマシンガンはアイテム欄を考えると別の武器と変えたくなる部分があります。

自分はショットガンが下手なので、持ち替えようにサブマシンガン青・紫・金は持つようにしていますが、先に撃ち始めても全弾当てないとショットガンに撃ち負けるので、こういった当てやすいサブマシンガンは歓迎するところです。

後は以前のタクティカルサブマシンガン、ドラムガン、あたりならば間違いなく枠1つを使いたい、と思うところなのですが、そうすると近距離でのショットガンとの関係性と、クラフトへのダメージの部分で、調整が難しいのかな~というのを感じます。

調整バランスの基準の中に、公式大会での見栄えも考慮に入っている気がするので、そういう意味でも調整が難しい武器種なのかな~という印象です。